富山市を中心にお仕事をさせていただいております、金山石材の金山です。富山市西番の富山霊園にて、お墓の洗浄・ペンキ入れ・蝋燭立ての修理などをさせていただきましたので、ご紹介いたします。

 

洗浄・ペンキ入れ・蝋燭立て修理 富山市西番 富山霊園

 

ホームページをご覧になったお客様から、お電話でお問い合わせをいただきました。富山市西番にある富山霊園にお墓をお持ちということでした。富山霊園は弊社のすぐ近くなので、よくお声かけをいただいています。

 

現地でお会いして、お墓の確認をさせていただきました。墓前には植栽が一対あり、きれいにお参りをされているお墓です。

 

お客様は、「蝋燭立てが壊れているので取り換えてほしい」とご希望でした。写真では分かりにくいですが、ガラス部分が割れていました。他にもお困りのところがないか伺っていると、「お墓の洗浄とかもされてますか?」とお話がありました。

 

正面文字部分です。もともとのペンキの色もはがれてしまい、汚れで黒くなっています。苔のような緑色の汚れも見られますね。お客様も汚れは気になっておられたようで、洗浄すれば水垢も取れますし、目地も打ち直せばきれいさが長持ちしますよとお話すると、それじゃあ一緒に文字のペンキも入れてもらおうかなということになりました。

 

そこで、全体的な洗浄と、ペンキの色の入れ直し、目地の入れ直しと蝋燭立ての交換のお見積りをご提出して、工事をお任せいただけることになりました。

 

線香・蝋燭・花立を工場へ一旦お引き取りし、全体的に洗浄をしました。まずは、石と石の継ぎ目の黒い水垢の除去を行っています。

 

洗浄が終わって、文字の色の入れ直しを進めています。汚れや、わずかに残っていたペンキをきれいに取り除いてから入れ直しをします。カロートの扉部分の白い色も入れました。このあと、工場へ持ち帰っていた線香・蝋燭・花立を設置しなおして、全体にコーキングを打って完成です。

 

完成しました。

きれいにクリーニングをしたことで、石本来の色合いを取り戻しました!

 

お墓自体もクリーニングできれいになり、文字色も入れ直したので、とてもすっきりとして明るい印象になりました。きれいにお参りされているお墓でしたが、こうしてみると全体的にくすんでいたことが分かります。

 

背面・側面も、きれいに文字の色を入れ直しました。石と石の継ぎ目に溜まっていた黒い水垢もきれいにとれて、目地も入れ直したので隙間に水が入り込むこともありません。

 

完成したお墓をご覧になったお客様には、「きれいになって、これなら母も喜びます。ありがとうございます」とおっしゃっていただけました。お困りのことをご相談いただいて、それぞれのケースやご希望に合わせたご提案・お見積りをし、施工・完成に至るという、私どもにとってはいつも通りのことですが、毎回最後には喜んでいただけて感謝の言葉までいただけるのは、本当にありがたい限りです。このたびは弊社にお声かけいただいて、ありがとうございました。

弊社は富山霊園から一番近い石材店ということもあって、今回のような蝋燭立て・花立・線香立てなどの修理のご依頼も多くいただきます。他にも、ご戒名の追加彫刻や、倒れた灯篭の修理、土間部分の改修など、様々なケースがあります。最近では、霊園初期に建てられていた、後ろ納骨のカロートのお墓をお持ちの方からのご相談もたびたびいただくようになりました。扉が狭かったり、お墓が背面同士なので納骨しにくかったりと、お困りになるケースもあるようで、それを改善したいというご相談です。弊社は、ちょっとした修繕から、本格的なリフォームなど、様々なケースの経験が豊富にあります。お客様に寄り添って丁寧にご対応しておりますので、富山霊園のお墓についてお困りの際は、どうぞ安心してご相談ください。