富山市を中心にお仕事をさせていただいております、金山石材(かなやませきざい)の金山です。今回は、富山市西番の富山霊園にて、お墓のクリーニング、花立て・蝋燭立て修理、砂利の入れ替えなどをさせていただいた際の様子をご紹介いたします。

 

【お墓のクリーニング、花立て・蝋燭立て修理、砂利入れ替え等】

 

千葉県にお住まいのお客様からご相談いただきました。富山市営の富山霊園にお墓をお持ちの方です。お参りに来られた際に霊園近くの石屋さんを探して、弊社にお越しくださいました。お話しを伺うと、「蝋燭立てが壊れているので直してほしい」とおっしゃっていました。

 

お客様とご一緒にお墓を見に行かせていただきました。建てられてから40年弱経っています。お墓の正面には、黒い汚れが付着していました。

 

お墓の中央にある蝋燭立てです。お客様のおっしゃるように、蝋燭立てのピンが外れてしまっています。ただ、よく拝見すると、隣りの鋳物の花立てもずいぶん老朽化しているようでしたのでお伝えしました。まとめて交換をするとセットで割引き対応をさせていただいていることもご案内すると、ぜひ新しくしたいとお任せいただけることになりました。

 

こちらはお墓の側面です。印のように、苔などの汚れがずいぶん付着しています。遠方にお住まいのお客様ですので、お参りも年に一回来れるかどうかということで、お墓の汚れについてはお客様もずいぶん気にされていました。こちらは、クリーニングできれいにすることをご提案しました。

 

お墓の周りの玉砂利部分です。お墓の向かって右側奥は、砂利が飛んでコンクリートの地肌が見えてしまっています。こちらは風が強いので、敷かれていた小さな砂利が飛んでいってしまったようです。また、苔が生えていたりするところもあり、「せっかくだから玉砂利の部分もきれいにしてほしい」と、砂利の入れ替えもお任せいただくことになりました。

 

工事が始まりました。まずは砂利をすべて取りのぞいて、その下のコンクリートを洗浄します。

 

土間部分のコンクリートを洗浄し、お墓もきれいにクリーニングをしました。花立ては加工のために持ち帰りました。

 

クリーニングを終えたお墓です。苔などの汚れは専門の道具でこすり取ったり、頑固な汚れも特殊な道具と技術を駆使してきれいにしました。石の継ぎ目のあたりも汚れがついていましたが、すっきりと新品のようにきれいになりました^^

 

側面や後方も同じようにクリーニングしました。長年の汚れは、普段のお掃除ではなかなか取ることができませんが、プロの手で正しい方法で行うとここまできれいにすることができます。

 

お墓の後方です。お墓の四方はブロックの縁石が設置されているのですが、左右は高さがあるものの、後方はこのように低くなっていました。このまま砂利石を入れ直しても砂利石がこぼれてしまうので、この縁石を少し高くします。

 

きっちりと型枠を組んで、コンクリートを入れてきれいにならします。

 

コンクリートの縁石が完成しました。このように少し高さを設けた縁石の中には、大磯という種類の砂利石を入れました。

 

右側が今回使用した砂利石、大きさ5分の大磯です。左は以前のもので、風で飛んでいってしまうほどの小ささです^^; 県外のお客様なのでメールで画像を送って、「どちらの石がいいでしょうか」といくつかの種類を見ていただいて、選んでいただきました。

 

蝋燭立ては風防付きのものをお付けしました。お花立てはステンレス製の花筒を入れています。お墓の目地はすべて耐震のシリコンコーキングで仕上げました。新しいお墓のように、全体がきれいに明るくなりました。

工事完了後、メールでお写真を送って完成のご報告をして、「ありがとうございました」というお返事をいただきました。今年の雪解け頃にご納骨の予定でしたが、今般の新型コロナウイルス流行の影響で延期されています。またご納骨のお手伝いの際にお会いできるのを楽しみにしております。きれいになったお墓を、実際にご覧になったお客様の反応も楽しみです^^

今回は、遠方にお住まいのお客様からのご依頼でした。何度もお会いしてお話しすることができないので、実際の写真などをメールでお送りして、お打ち合わせしたい内容をお客様にうまく伝えることが重要でした。ですので、お客様の目線に立った分かりやすい資料をお送りすることを心がけました。細かく丁寧なやり取りで、安心してお任せいただけたのではないかと思います。今後も丁寧に、お客様のご状況に合わせたご対応をしてまいります!