富山市を中心にお仕事をさせていただいております、金山石材の金山です。富山市西番の西番集落墓地にて、お墓の新設・移設をさせていただきましたので、ご紹介します。

 

富山県富山市西番 西番集落墓地 インド産アーバングレイ

 

富山市西番の西番集落墓地にて、お墓の建立をさせていただきました。地元の石屋さんということでお声かけいただけたようです。ありがとうございます^^

 

こちらは同じ西番にもともとあったお墓です。間知積みの石垣をもった大きなお墓です。ただ、こちらまでお参りに行くのに参道の草刈りをしなくてはいけなかったり、お墓がずいぶん古くなったりといった理由から、移設・建て替えを検討されたそうです。

 

大きなお墓が二つと、その周りにも小さなお墓がいくつかあります。中にはずいぶん古いお墓もありました。お客様は、これらご先祖様からの石碑も新しいお墓へ移設したいとご希望されました。

 

ご遺骨の取り出しを終えたら、お墓の解体から工事開始です。ご遺骨は当店でお預かりしました。まずは石塔の取り外しです。

 

お墓の取り外しを終え、石積み部分の解体もずいぶん進みました。昔のお墓でしたが、鉄筋もしっかり入っており、かなり頑丈な作りでした。

 

これで解体完了です。くぼんだところはきれいにコンクリートを入れて更地に戻し、お墓じまいが完了しました。

 

こちらは移設先の墓地です。縦に長い敷地の手前側に新しいお墓を建てます。車を寄せやすい場所で、お参りしやすい立地の墓地です。すでにコンクリートの基礎が打ってありました。

 

古いお墓のうち、大きなお墓二つに納骨されていたご遺骨は、移設したそれぞれのお墓の下に納めることになりました。お墓の位置を確認して、コンテナの中のご遺骨を納骨する準備をしています。

 

その後、基礎工事を進めます。今回は、墓地の管理会の方にも確認し、既設のコンクリートの基礎を活かして工事をすることになりました。砕石を敷いて、コンクリートの枠の階段入り口にあたるところをカットして捨てコンを打ちました。既設の基礎の上に巻き石や階段を設置しました。遠いので見えにくいですが、コーナーの部分や、石と石の継ぎ目には金具を取り付けて、しっかりと固定しています。

 

内部に鉄筋を組んで、コンクリートを流し込みました。きれいに表面を整え、コンクリートがしっかり固まるまでしばらく養生します。

 

養生を終えて基礎が完成したら、お墓を建てる準備に入ります。中央に見えるのは、納骨室の下にあたる、土戻しの部分です。この上にお墓を設置します。

 

納骨室の設置が始まりました。耐震用のシリコンボンドをたっぷり使用して、壁石と根太石をしっかり接着します。

 

納骨室の後方には、換気口も設けました。お墓が完成すると見えませんが、内部から見るとこんな構造になっています。外からも水が入りにくいように斜めに切り込み加工を入れ、ワイヤ―メッシュを入れているので小さな虫などの侵入を防ぎます。石でできているので、見た目も損ないません。

 

納骨室内はこのように仕上げます。中央が先ほどの土残しの部分です。その周りは、現地で寸法を測って石貼りをして仕上げます。石貼りをすることで、とてもきれいで快適な納骨室に仕上がります。

 

納骨室の上に蓋石を設置しています。4隅に耐震ボンドを十分に塗布し、しっかり据え付けます。

 

その後、お墓の据え付けが始まっています。ここでも耐震ボンドを使用して、蓮華を設置しています。

 

こちらはお墓手前の参道です。両端は黒い石を使用し、2色の色遣いで高級感を感じられるようにしました。

 

参道とお墓の周りは、今回すべて石貼りで仕上げます。玉砂利を敷く案もご提案して、石貼りをお選びいただきました。雨が降ってきそうだったので、汚さないようシートで養生しながら進めました。

 

工場では、古いお墓の洗浄を行いました。かなりの汚れが付いていましたができる限り汚れを落とし、再設置を待っています。

 

最後に灯篭の設置です。長さのある灯篭は、耐震ボンドだけではなく、アンカーボルトで台座と固定してしっかり据え付けます。

 

完成しました!

とても広々として、堂々とした重厚感と、代々のお墓としての風格漂うお墓です。既設のコンクリート基礎は、表面を左官仕上げできれいにしました。

新しく建立したお墓です。インドのアーバングレイという石を使用しました。上品な色合いで、品質の良い石です。

お客様には、和型、洋型、和洋型など、色々な形のお墓をご覧いただき、一番上の石碑についても色々な形をご提案しました。ご希望に沿ってデザインさせていただき、最終的には少し大きめの洋型墓になりました。花立には蓮の花、納骨室の扉には家紋を彫刻させていただきました。

古いお墓はきれいに洗浄し、4基をこのように新しいお墓の両脇に設置しました。こうしてお家の歴史を残すことができました。

 

ベンチや棒灯篭は、お客様のご希望で設置しました。全面石貼りで見た目もとてもきれいで、お掃除もしやすくなりました。

 

後方はこのようになっています。納骨室の壁石は額入りで、どの角度から見ても高級感が感じられる仕上がりです。

 

法要の日はお天気も良く、たくさんのご親類・ご家族様にお越しいただきました。「いいお墓になったね」「本当にありがとうございました」と皆様に喜んでいただくことができました^^ 地元の石屋さんにお願いしよう、というお気持ちもとてもうれしかったです。ありがとうございました。

今回はお墓の新設と古いお墓の移設のお仕事でした。移設に関して、また、新しいお墓の建立にあたって、それぞれに色々なご提案をさせていただきました。結果として皆様に喜んでいただけるお墓になったことはもちろんうれしかったですが、様々なご提案をするために試行錯誤したことで、なにより私自身とても勉強になり、印象に残るお仕事になりました。このたびは、貴重な機会をいただき、誠にありがとうございました。